MENU

ECCジュニアは本当に最悪?7つの理由とデメリット、リアルな体験談を併せて解説

ECCジュニア 最悪

全国に1万教室以上あるECCジュニア。みなさんのお住まいの地域にもECCジュニアの教室があるのではないでしょうか。

そんなECCジュニアを調べてみると「ECCジュニア最悪」「ECCジュニアに通ったけど無駄だった、英語を話せるようにならない」という声もあります。

ECCジュニアを検討している方にとって、不安になるようなワードですよね。

この記事では、ECCジュニアに実際に通っている人のリアルな感想を元に、ECCジュニアは本当に最悪で無駄なのかについて解説します。

この記事をまとめると
  • 「先生と合わなくて最悪」という声があるのは事実。
  • 講師は基本的に1人のため、先生との相性が悪いと実際最悪になってしまう。
  • ECCジュニアは教室数が多いため、先生ベースで教室を選べる!
  • 総合的に見て、ECCジュニアは最悪ではない!
目次

ECCジュニアは最悪・無駄という口コミ

ecc-bad-review.png

「ECCジュニアは最悪」という口コミは実際にどれくらいあるのでしょうか。調査しましたので、実際に口コミを見ていきましょう。

私、ECCジュニアに通ってます。先生が最悪です。生徒は三人です。

あたしだけの授業の日はすごい怒鳴られます。ペンは机に叩きつけてるし

「覚える気あんの?」って言われたりしました。でも、ほかの子も一緒の授業の日は怒鳴らずに優しく教えてくれます。これっておかしくないですか?

引用元:Yahoo知恵袋

実際にECCジュニアに通っている人の「講師が最悪」という声です。これ以外にも、最悪という声を探すと以下のような声がありました。

ECCジュニアは最悪・無駄という声
  • 講師と相性が悪くて最悪
  • 入会費が高くて最悪
  • 教材が高くて最悪
  • 宿題が多くて他の勉強に支障が出る

教室数も多く、生徒数は28万人を超えているので不満の声も出てくるのは当たり前。これから先は、なぜ最悪と言われているのか深ぼって解説します。

ECCジュニアが最悪・無駄と言われる理由

ECCジュニアが最悪・無駄と言われる理由

筆者は以前ECCジュニアやその他英語教室に通っていました。現在は、不動産の英語通訳を経て日常的に英語を話す環境にいます。

幼少の頃、ECCジュニアに通っていたため発音の基礎がしっかりできていたり、英語に対して苦手意識を持たなかったので小さい頃から通って良かったなと思っています。

ですがネットでは、ECCジュニアに対して必ずしも「通って良かった!」という声だけではありません。

私が通っていた経験も踏まえ、ECCジュニアが「最悪」「無駄」と言われる理由をここで1つずつ挙げていき、それぞれその理由を読み解いていきます。

ECCジュニアが最悪・無駄と言われる理由
  • 先生と相性が合わなければ最悪
  • 教材費が高い
  • 宿題が大変
  • 英語がペラペラにならない
  • 日本人講師メインで外国人講師からは習えない
  • 先生の都合でレッスン予定が変わる
  • 駐車場がない

【理由①】先生と相性が合わなければ最悪

ECCジュニアは、多くの教室が自宅で開講している規模なので先生は1名なことが多いです。

教室を開講した先生と相性が合わない場合は、他の先生が在籍していないのでどうしようもありません。また、相性だけでなく先生のレベルも違います。ECCジュニアでは、教室を開講する前にテストや厳正な審査を受けており、一定レベル以上の方しか開講はできません。

ですが、各教室の講師の経歴を確認すると、国内の大学の文学部を出ている方から海外大学で4年間留学している方まで様々。

帰国子女でネイティブレベルのバイリンガルの方から、話せないけれどリーディングやライティングに長けた方など講師によって差が激しいのも確かです。

ECCジュニアに通う場合は、教室に通うというよりもその先生に習いにいくという感覚で教室を探した方が良いでしょう。

どのように先生を選ぶべきか
  • 英語を話せるようにさせたい→スピーキングに強いバイリンガル講師
  • 学校での英語の成績を上げたい→リーディングに力を入れている講師
  • 英検などの資格を取りたい→英検やTOEICを保持していて英検合格の実績がある講師

【理由②】教材費が高い

ECCジュニアの教材費が高いという声は多く見られました。

実際に教材費が高いのか、リサーチしてみました。下の表をご覧ください。

スクロールできます
年齢入学金検定料授業料教材費
2・3歳児5,500円月謝:6,600円21,900円
4・5歳児5,500円2,200円月謝:7,700円21,900円

月謝は比較的安価で通いやすい金額となっていますが、教材費はなんと3ヶ月分の月謝以上の金額となっています。

正直、2・3歳児に使用する教材なのでそこまで金額がかかると想定している人は少ないでしょう。兄弟がすでにECCジュニアに通っている人は新たに購入する必要はないですが、新規で通う方は購入が必要です。

メルカリにECCジュニアの教材が多く出品されています!安く手に入れたい方は、チェックしてみてください。

【理由③】宿題が大変

「少しでも預かって貰えると思ってECCジュニアに入ったら、宿題がたくさんあって逆に大変。」という声が多くありました。

ECCジュニアでは、自宅でも英語学習ができるように宿題がたくさん出ます。中学生などであれば自分で宿題もできるでしょう。

しかし、小学生くらいまでは親が見守りながら宿題をさせるのが一般的。宿題をさせるのが大変で、それに学校の宿題も合わさると一杯一杯になってしまいますよね。

ECCジュニアで英語を上達させたいなら、大変ですが宿題に付き添って一緒に英語習得を目指しましょう。

【理由④】英語がペラペラにならない

「英語がペラペラにならない」という声も多くありました。

結論、ECCジュニアに通っただけでは英語がペラペラになることはほぼないでしょう。

ECCジュニアは、そもそもスピーキングに特化している訳ではありません。そのため、インターナショナルスクールに通っている子供のように話せるようになる方が不思議です。

しかし、私自身通っていた身としては、英語を聞く耳を養うことができ、英単語などは子供ながら同級生よりもはるかに多く知っていました。

リーディングの他、簡単な英語のリスニングやスピーキングなどは身につけられるでしょう。

【理由⑤】日本人講師メインで外国人講師からは習えない

ECCジュニアの先生は日本人です。そのため、外国人講師から習いたいという人には向いていません。

Xのツイートでもあるように、外国人講師と日本人講師ではメリットとデメリットはそれぞれあります。

ECCジュニアは日本人講師ですが、それでもここまで生徒数を伸ばしていることを鑑みると「それでも日本人講師に依頼したい」という方が多いからでしょう。

外国人講師と日本人講師のメリット
  • 外国人講師:ネイティブの発音が聞ける、ネイティブの表現を知れる、英語のシャワーを聞ける
  • 日本人講師:日本語で教えられる、つまずきやすい点も事前に説明できる、親御さんときちんと意思疎通ができる
外国人講師と日本人講師のデメリット
  • 外国人講師:日本語でわかりやすく説明できない、日本人が苦手な部分に共感しづらい、教科書の理解が浅い可能性がある
  • 日本人講師:ネイティブの発音はできない、間違った表現などをそのまま教えてしまう可能性

それぞれメリットとデメリットを見てみると、学校での英語の成績を上げたいなどの場合はECCジュニアがおすすめです。

ECCジュニアに通っている人の中には、英語のリーディングはECCジュニアで強化。スピーキングはオンライン英会話を活用している方もいるので、ぜひ参考にしてはいかがでしょうか。

ECCジュニアとオンライン英会話などのネイティブから習える手段は、そもそも目的が異なるので目的に応じて選びましょう。

ECCジュニアでは外国人講師と話せるイベントが定期的に設けられています!全く外国人講師から学べない訳ではなく、生の英語を聞く機会もあるのでご安心ください。

【理由⑥】先生の都合でレッスン予定が変わる

ECCジュニアは、教室を1人の先生が運営しています。そのため、教室の先生が体調を崩したりすると教室はお休みになります。

1日などであれば良いですが、コロナやインフルエンザなどだと長い期間お休みとなり大変ですね。

先生都合でお休みとなった場合は、振替授業があります!

【理由⑦】駐車場がない

「近所の塾の前に車が路上駐車している」という光景を目にしたことありませんか?

ECCジュニアの多くは、先生の自宅で開講している場合が多いです。その自宅に駐車スペースがあってもせいぜい1〜2台。

多くの教室には、生徒の親御さん用の駐車場はありません。そのため車でお迎えに行く方は、不便です。

ECCジュニアで後悔しないための方法

ECCジュニアで後悔しないための方法

ECCジュニアで後悔しないために、どうすればいいのでしょうか。

ここでは、実際にECCジュニアに通った人から集めた後悔しないための方法を紹介します。ECCジュニアを検討している方は、ぜひ参考にして後悔しないように対策を行いましょう。

ECCジュニアで後悔しないための方法
  • 英語学習をECCジュニアだけに頼らない
  • 必ず無料体験レッスンを受ける
  • 複数の教室を検討する

英語学習をECCジュニアだけに頼らない

ECCジュニアで英語を学んでも、家で復習をしなければ身につきません。

学んだ英語を定着させるには、自宅学習が欠かせません。ECCジュニアと並行して以下も行うことで、英語力がぐんぐん上がるでしょう。

やっておくべきこと
  • ECCジュニアで出された宿題は必ずする
  • ECCジュニアの自宅学習教材を活用する
  • 自宅で苦手な部分を繰り返し復習する

ECCの教材を十分に活用して、英語を習得していきましょう。

必ず無料体験レッスンを受ける

必ず無料体験レッスンを受ける

ECCジュニアには各教室で、無料体験レッスンを受けることができます。

無料体験レッスンでは、授業内容だけでなく教室の雰囲気、先生との相性、同級生との相性など様々なことを知れます。また、子供にどうなって欲しいのかなども先生に相談し、どのような提案をしてもらえるか聞いてみましょう。

無料体験レッスンの申し込み方法:各教室の公式サイトから「この教室の体験へ行く」ボタンから申し込みを行ってください。

複数の教室を検討する

ECCジュニアを検討している場合は、複数の教室を検討してみることを強くおすすめします。

その理由は、教室を比較して子供に最適な教室を選択できるからです。環境・先生・同級生・立地など全て比較してみて、最終的に通う教室を決めてください。

ECCジュニアを実際に利用した親御さんの体験談

ECCジュニアを実際に利用した親御さんの体験談

ここでは、ECCジュニアを実際に利用した人の体験談を紹介します。

リアルな体験談を参考にして、実際に子供を通わせるべきなのか、お子さんに合った教育なのかについて考えてみてください。

利用者さん

ECCジュニアは理想の空間です!

娘は3歳の頃からECCジュニアに通い始めてもう1年が経ちます。最初は全くわからなかった英単語ですが、最近はテレビを見ては「Dog!」や道を歩いていると「Cat!」と言っています。子供の成長ってすごいですね。

先生もしっかり1人1人を見ているようで、子供も先生にも慣れているので嫌がることなく通ってくれています。定期的にある個人面談では、学習のことだけでなく学校生活や私には話してくれないことも話しているようで…!
さまざまな点から先生にフォローしていただいていると実感してます。

アットホームな空間でのびのび英語を学ばせたい小学校の英語の授業に備えたいという方にとてもおすすめだと思います。

【まとめ】ECCジュニアは最悪・無駄ではなかった!

この記事では、ECCジュニアは最悪・無駄なのかについて徹底的に解説しました。

結論、ECCジュニアは無駄や最悪などではありませんでした。今一度、ECCジュニアのメリットとデメリットを確認してみましょう。

メリットデメリット
日本語で教えてもらえる
講師が経験豊富
アットホームな環境
少人数で子供一人ひとりに向き合ってもらえる
英検対策も十分可能
教材が充実している
無料体験レッスンがある
月謝が安価
都会だと先生ベースで教室選びができる
2歳から通える
英語がペラペラにはならない
外国人講師ではない
駐車場がない
先生と相性が悪ければ最悪
先生の都合でレッスン予定が変わる
教材費が高い

ECCジュニアは、デメリットを鑑みてもメリットが圧倒的に多く、コスパにも優れています。改めてメリットとデメリットを確認して、納得がいく方のみECCジュニアを初めてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次