MENU

ユーキャン食生活アドバイザー講座の評判・口コミ!実際どう?内容や料金なども詳しく解説

ユーキャン食生活アドバイザー

物価の高騰が続くなかで飲食店から足が遠のき、自宅で料理を作る人も多いのではないでしょうか。また、仕事で必要な人や家族の健康を考えて食生活アドバイザーの資格を取得をする人が多い傾向にあります。

食生活アドバイザーの資格は独学で勉強もできます。通信講座でしっかり学習したい人にはユーキャンの講座がおすすめです。

試験実施団体の「FLAネットワーク協会」から公認されているテキストで、理解しやすいテキスト内容だと受講生から高評価です。

この記事でわかること
ユーキャン
  • ユーキャン食生活アドバイザーの講座内容がわかる
  • ユーキャン食生活アドバイザー講座の良い口コミ・評判がわかる
  • ユーキャン食生活アドバイザー講座のよくない口コミ・評判がわかる
  • ユーキャン食生活アドバイザーにおすすめの人がわかる
目次

ユーキャンの食生活アドバイザーとは?

ユーキャンの食生活アドバイザーとは?
画像出典:公式サイト
「ユーキャンの食生活アドバイザー」のおすすめポイント
  • スマホやタブレットなどを使用して、スキマ時間での学習もできる
  • 1日3問まで講師に質問できる
  • 受講開始から12か月のサポートが受けられる
資格食生活アドバイザー
受講料一括払い:39,000円(税込)
分割払い:3,300円×12か月=39,600円(税込)
受講期間標準学習期間4か月
サポート期間受講日から12か月
質疑応答1日3問まで

カラフルで見やすい教材のサイズは、500mlのペットボトルと同じ高さなので持ち運びにも便利です。

スマホやタブレットなどからも学習できるので、通勤時間などのちょっとしたスキマ時間でも学習が可能です。また、進捗状況の確認やWEBテストがあり、自分の理解度が把握できます。

内容が理解しやすいユーキャンの講座は、最短でも4か月で資格の取得ができるのが魅力的なポイントでしょう。
受講日から12か月はサポート期間なので、仕事で忙しい方や家事や育児などで時間のない方にも、自分のペースで学習が進められますね。

また、学習を進めていくにあたり、確認したいことや不明点が出た場合でも、1日3問までは講師に質問できるので安心して受講できます。

ユーキャンの食生活アドバイザーが活かせる仕事は?
  • 飲食店や飲食を扱う仕事
  • 保育士や介護士
  • 医療関係者
  • ジムやヨガなどのインストラクター

食生活アドバイザーの良い口コミ・評判

食生活アドバイザーの良い口コミ・評判

学習方法は独学や通信講座など、人それぞれです。数ある講座の中から「ここにしよう」と決めても、実際に良い講座なのか、自分がイメージしている通りなのか不安ですよね?

そこで、ユーキャンの講座を選んだ人は、どの部分に評価をしているのか口コミをまとめました。ぜひ参考にしてください。

食生活アドバイザーの良い口コミ・評判
  • スキマ時間で合格できた
  • テキストがわかりやすい
  • スマホでも学習できる
  • デジタルテキストで合格できた

【口コミ・評判①】スキマ時間で合格できた

資格の取得となると、時間をしっかりと確保して勉強するのが理想ですが、忙しい現代人はそうもいきません。
自分でしっかり時間を作れる人は良いですが、できない人がほとんどでしょう。ユーキャンの講座では、スマホやタブレットからの学習が可能です。忙しい人はスキマ時間を活用し、少しずつ学習できます。

仕事で多忙なスケジュールのなかスキマ時間で勉強し、3級の資格を無事に取得して、満足されているようですね。

今まで時間があって、何かを始めようと思ったタイミングで急に予定が重なり、忙しくなることってありますよね。そんな忙しい人でも、移動時間や待機時間などのちょっとした時間をうまく活用することで、資格取得ができます

勉強するためのまとまった時間が取れないという人は、スマホやタブレットからスキマ時間に勉強ができる!

【口コミ・評判②】テキストがわかりやすい

装飾がなく文字だけの教材は、イメージが掴めず頭に入りにくいですよね?ユーキャンのテキストは印象に残りやすいイラストや、色分けされた内容などで理解しやすいように工夫されています。全ページフルカラーで見やすくなっているのは嬉しいポイントですね。また、サイズも500mlのペットボトルと同じ高さなので鞄にも入れやすいです。

ユーキャンの講座はテキストがわかりやすいと好印象です!

専門知識や馴染みの無い単語が多いので、カラフルで印象に残りやすい教材で楽しく学んでいけるでしょう。他にも重要なポイントだけをおさえた本や、レシピ本などがあります。学んだことをすぐにレシピ本で実践できるので、印象に残りやすいですね。
また、3級と2級をまとめて学習できるので、同時受験を検討している人にもおすすめです。

カラフルでイラストや図解などが入っているテキストは分かりやすいです!

【口コミ・評判③】スマホでも学習できる

通勤で電車に長く乗っている人や、お仕事などで次の打ち合わせまでに時間があるときなど、SNSやネットを見ていませんか?その時間に少しずつ学習することで、合格へ繋がるでしょう。

まとまった時間が作れるときは教材を広げて書き込みなどをしながら勉強し、外出中などはスマホから学習が進められるのはユーキャンの最大の強みですね。

テキストとスマホの両方から学習ができることを知り、意欲的になっている様子ですね。
自宅で毎日順調に取り組んでいたのに、仕事や家庭の事情で忙しくなり、学習から遠ざかってしまうこともあるでしょう。
ユーキャンの講座ではスマホからもテキストが見れるので、常に勉強できる環境にあります。ちょっとした時間にスマホから学習できるのは、嬉しいポイントですね。

「まとまった時間が取れるときはテキストで学習」「時間がないときはスマホで学習」など、併用しながら学べます!

【口コミ・評判④】デジタルテキストで合格できた

ユーキャンのデジタルテキストはスマホやパソコンから利用できます。

学習スピードのスケジュール管理がされており、自分の進捗状況が把握できます。また、Webテストの結果を分析する機能があるので、自分の苦手な部分が分かり試験対策ができるでしょう。

スキマ時間で学習ができるだけでなく、合格に向けてのサポート機能が充実しています。

ユーキャンのデジタルテキストは、ゲーム感覚で進められるように工夫されています

ログイン時や、学習を進めるごとにバッジがもらえるようになっています。楽しくポップな画面なので、苦にならずに進んでいけるでしょう。

また、カフェなどで学習したいときに、教材を広げるスペースが無い場合でも、スマホのデジタルテキストがあるので、場所を気にすることなく学習ができるでしょう。

ちょっとした合間に、場所を気にせずデジタルテキストで学習し合格までできます!

食生活アドバイザーの悪い口コミ・評判

食生活アドバイザーの悪い口コミ・評判

仕事だけでなく、日常生活でも非常に便利で人気な食生活アドバイザーですが、人によっては良くない意見もあります。時間とお金をかけて勉強したのに、思っていたのと違った結果になったと、誰でも残念な思いをしたくないですよね。悪い口コミをしっかりと把握したうえで、受講するようにしましょう。

食生活アドバイザーの悪い口コミまとめ
  • 役に立たなかった
  • 思ったよりも難しかった

【悪い口コミ・評判①】役に立たなかった

主に食生活アドバイザーの資格が役に立つのは、食品を扱う人や、教育関係者、介護や医療関係者などが挙げられます。これらに携わっている人は、食に関する話をする機会が多く、知識があるほうが良いと考えられます。それに対し、建設業や製造業、IT関係といった食と関係のない職種の人は、仕事で活用することは難しいでしょう。

お金と時間をかけて取得した資格ですが、人によっては活かしきれないことがあるようです。

今の段階で直接的に活かせなかったと感じていても、将来的に役に立つときが来ると考えられます。それは自分の家庭ができたときや親の老後、または自分が年を重ねることにより、知識が必要だと感じるときがくるでしょう。

食生活アドバイザーは決して無駄な資格ではありません。食への意識が高まり、知識を活かして健康な身体作りができます。

【悪い口コミ・評判②】思ったよりも難しかった

2級は食を提供する側の目線で出題され、漢字の読み書きなどもあるので、漢字が苦手な人は覚える事が多くなります。また、消費経済や生活環境、食に関する物流など専門用語が多いので難しく感じるでしょう。ユーキャンの講座は専門知識が無い人のためにわかりやすく作られているので、安心して受講できます。

食生活アドバイザーの2級が難しいとのお声がありますね。合格率は3級は65%前後に対し、2級は40%前後と下がっています。

しかし、ユーキャンの講座は専門知識が無い人でも分かりやすく作られており、デジタルテキストのWEBテストでは、自分の苦手な分野が把握できる機能があり、しっかりと対策ができるでしょう。

ユーキャンのデジタルテキストは、自分の苦手な部分を把握できるので、うまく活用して試験対策ができます。

食生活アドバイザーのデメリット

食生活アドバイザーのデメリット

食生活アドバイザーについて、たくさんの情報を見てきたことでしょう。良い情報ばかりでなく、デメリットは確認しましたか?

いざ受講してみたら、イメージしていたことと違うなんてことにならないために、いくつかのデメリットを紹介します。デメリットを見て納得したうえで、受講することをおすすめします。

食生活アドバイザーのデメリットとは
  • 試験内容が難しい
  • 人によっては役に立たないと感じる

試験内容は「栄養と健康」「食文化と食習慣」などの6つの科目から出題されます。
出題範囲も膨大で、専門知識や漢字力を求められることもあり、少し難しく感じるでしょう。また、人によっては役に立たないと感じる人もいるようです。

資格を取る前に「何のためにとるのか」・「どう活かしたいのか」をイメージしたうえで、受講すると良いでしょう。

ユーキャンの講座はイラストやカラーで装飾されていて、わかりやすいと評判です。また、食事のマナーなども身につくので、資格を持っていて損はないでしょう。

食生活アドバイザーの資格を取得するメリット

食生活アドバイザーの資格を取得するメリット

食生活アドバイザーの資格は、持っていると良いとよく聞くけど何が良いのか、いまいちしっくりきていない方もいるかもしれません。

これから勉強しようと考えている資格が、いったい何の役に立つのか、どう活かせられるのか、具体的に知っておきたいですよね。この章では、どんなメリットがあるのか詳しく解説していきます。

食生活アドバイザーを取得するメリット
  • 介護の現場で役に立つ
  • 食事のマナーも身につく
  • 管理栄養士を持っていればプラスアルファの知識となる
  • 正しい食生活について学べる

メリット1. 介護の現場で役に立つ

忙しい介護の現場では、それぞれの利用者さんに合わせて瞬時に献立を考え、食事を提供しなければなりません。
食材の大きさや飲み込みやすくするなど、調理方法にも工夫が必要です。それだけでなく栄養バランスを考えたり、食べたいと思ってもらえるような見た目や配膳が必要とされます。
また、利用者さんやご家族からの食事に関する相談などにも、食生活アドバイザーの知識があると、的確なアドバイスができるでしょう。

メリット2. 食事のマナーも身につく

食事のマナーは、小さなお子様がいるご家庭ではぜひ知っておきたいですよね。
くちゃくちゃと音を立てたり、お箸の持ち方が汚なかったりすると、一緒に食事をする人が不快な思いをしてしまうかもしれません。また、お箸の持ち方は小さい頃から綺麗に持てるようにしておかないと、大人になってから直すのは難しいでしょう。

食生活アドバイザーでは、お箸の持ち方だけでなく、配膳の仕方や行事食など、細かく学習できます。

メリット3. 管理栄養士を持っていればプラスアルファの知識となる

管理栄養士の資格があるからといって、食生活アドバイザーの資格は不要なんてことはありません。

管理栄養士は専門学校や大学などで、栄養学や病理学など様々な専門分野を学んでいます。集団給食などの食事プランや、医療的観点からの相談や指導ができます。

それに対し食生活アドバイザーは、健康維持に関する食生活全般のアドバイスが可能です。よって、管理栄養士と食生活アドバイザーでは内容が違うので、プラスアルファの知識となるでしょう。

メリット4. 正しい食生活について学べる

小さなお子様がいるご家庭では、毎日の食事にはとても気を使われているのではないでしょうか?

少しでも身体に良い物、栄養のある物を食べさせてあげたいですよね。子供の苦手な物をどうやって食べさせるかなど、日々努力をされていることでしょう。食生活アドバイザーは、食生活についても学ぶので質の良い食事が取れます。また、子供だけでなく、料理の幅が広がるので、食事を作るママやパパも楽になります。

食生活アドバイザーの知識は年齢や性別に関係なく、仕事やプライベートなど、様々な環境で活かせられます!

ユーキャンで食生活アドバイザーの資格取得をおすすめする人

ユーキャンで食生活アドバイザーの資格取得をおすすめする人

食生活アドバイザーは、どんな人でも持っていて損は無い資格です。

ユーキャンの講座はわかりやすく、スキマ時間での学習も可能なので忙しい人にもおすすめします。1日3食の食事に気を使い、健康を考えながら生活ができます。

これから紹介する人は、特に知識を活かすことができるので、ぜひ学習してみてはいかがでしょう。

おすすめする人
  • 食品に関する仕事に携わっている人
  • 幼稚園や保育園などの教育関係者
  • 介護や福祉、医療関係者

飲食店で働いている人はもちろんのこと、スーパーで販売員をしている人などにもおすすめです。
お客様から食材の質問をされたときなどに、具体的な回答ができるので、喜んでもらえるのではないでしょうか。

また、幼稚園や保育園などの教育関係に勤めている方は、保護者から、家庭での食事の仕方などで相談されることもありますよね?知識を活かしてより良い情報を共有できます。

その他、ダイエットをしている人や、家族の健康を考えている人などにもおすすめします。日常の食事に気を使い、無理なくダイエットや家族の健康維持ができるでしょう。

仕事に活かしたいという方はもちろんですが、自分や家族の健康が気になる人にもおすすめです!

ユーキャンで食生活アドバイザーを受講する流れ

ユーキャンで食生活アドバイザーを受講する流れ

これまでユーキャンの食生活アドバイザーの講座について説明してきましたが、申し込みについて解説します。申し込みは以下の手順で簡単にできます。
また、ユーキャンは申し込みをしてから教材が届くまでに、10日前後の日数がかかってしまうので、できるだけ早くお申込みをされることをおすすめします。

  1. 「受講お申込み」から必須項目を入力
  2. 内容を確認して「同意して申込む」をクリック
  3. 10日前後で商品が到着
STEP
「受講お申込み」から必須項目を入力

HPの「受講お申込み」の緑のボタンをクリックし、必須項目を入力します。(生年月日や性別は任意)支払い方法は、Amazon Pay・PayPay・楽天ペイ・d払いの4つは一括決済のみ。クレジットカード決済と後払いは、一括決済と分割払いが可能です。電子決済が利用できるので便利ですよね。入力完了後「入力内容を確認する」をクリックします。

STEP
内容を確認して「同意して申込む」をクリック

住所や名前、電話番号などは、教材が届かないなどの不具合が起こってしまうため、特に間違いのないように注意してください。また、メールマガジンを希望されている方は、アドレスが間違えていると受信できないため注意が必要です。クレジットカードのカードナンバーもしっかりチェックするようにしましょう。

STEP
10日前後で商品が到着

申し込みをしてから10日前後で、登録した住所へ教材が届きます。内容物が揃っているかや、破損や欠陥などがないか、しっかり確認するようにしてください。教材が不備なく揃っていれば、いよいよ学習スタートです。

ユーキャンの食生活アドバイザーに関するよくある質問

ユーキャンの食生活アドバイザーに関するよくある質問

これまで紹介してきたように、ユーキャンの食生活アドバイザーはテキストが見やすく、スキマ時間での学習が可能なことから、受講生に人気の講座です。

受講を検討している人は、ユーキャンの講座について、どのような点を気にしているのか確認してみましょう。自分では気付かなかった疑問が出てくるかもしれません。

よくある質問一覧
  • 食生活アドバイザーの合格率は?
  • 食生活アドバイザーの試験は年に何回?
  • 食生活アドバイザーの2級と3級の難易度の違いは?
  • 食生活アドバイザーは履歴書に書ける?

食生活アドバイザーの合格率は?

3級が65%で、2級が40%です。(実施回により多少変動あり)

食生活アドバイザーの試験は年に何回?

6月の最終日曜日と、11月の第4日曜日の年2回です。

食生活アドバイザーの2級と3級の難易度の違いは?

2級は六肢択一問題と記述式問題なのに対し、3級は五肢択一問題のみです。出題範囲はほぼ同じですが、3級は消費者の立場からの出題で、2級は食を提供する立場(ビジネス目線)からの出題となります。また、2級では「該当なし」の項目が追加されるので、内容をしっかり理解しないといけません。そういった点から考えると2級はやや難しいと言えるでしょう。

食生活アドバイザーは履歴書にかける?

2級3級共に履歴書に書けます。
特に、食に関連する職種に応募する際などには積極的に書くようにしましょう。

【まとめ】私生活にも役立つ「食生活アドバイザー」はユーキャンで取得

【まとめ】私生活にも役立つ「食生活アドバイザー」はユーキャンで取得
メリットデメリット
介護の現場で役に立つ
食事のマナーも身につく
管理栄養士を持っていればプラスアルファの知識となる
正しい食生活について学べる
試験内容が難しい
思ったよりも難しかった

ユーキャンの講座は、テキストは全ページカラーでイラストや図解などを使用してわかりやすい内容です。

デジタルテキストでは、スマホなどからスキマ時間での学習ができます。WEBテストがあり、自分の苦手分野の把握ができるので試験対策にもなります

1日3問まで質問可能で、最長で12か月間のサポートがついているので、自分のペースで学習ができるでしょう。
食生活アドバイザーの資格を取るなら、ユーキャンの講座がおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次